私が助けを求められない理由

先日、長男が妻のちずさんに電話してきて「咳が出るからクスリ買って来て」って言っていたんです。

その会話を聞いていて、私なの中の何かが反応しました。

 

俺が人に助けを求めない(求められないのは)そういうことか!

 

って。

 

妻にも仲間にもよく言われるんです。

「なんでも自分だけでやろうとする」

「人を頼ろうとしない」

「もっと助けを求めたらいいのに」

って。

 

例えば電話の話、私が同じ状況で母親に「咳が出てるから、クスリ買って来て。」と電話するとどうなるか・・・
唐津弁(松浦弁?肥前町弁?)の解説付きでお送りします。

 

①私「咳が出てる。」

②母「なしね?」(何で?)

③私「分からん。クスリ買って来て。」

④母「なんしよったとね?」(何してたの?)

⑤私「別に何もしとらん」(別になにもしてない)

⑥母「どぎゃんあると?」(どんな風にあるの?)

⑦私「ただ喉が痛いだけって」

⑧母「なしね?」(何で?)※これ二回目の発言

⑨私「・・・分からんって💢」

⑩母「いっちょん家におらんで遊びばっかり行きよるけん」(全然家にいないで遊んでばかりだからでしょ)

⑪私「・・・・(いや何もしてないって言ってるやん💢💢)」※心の声

⑫母「どきゃんかクスリがよかとね?」(どんなクスリがいいの?)

⑬私「・・・もうよかっ💢💢💢」(もういい!)

⑭私「じゃあね。はいはい。」ガチャンって電話を切る☎︎

 

まぁ、概ねこんな感じです。

つまり、病気しました、助けてって求めても

・原因を追求される(②④)

・さらに追求される(⑥)

・しつこく聞かれる(⑧)

・無関係なことで責められる(⑩)

・やっと寄り添われても手遅れ(⑫)

って、なるわけですよ。

これが小さい頃から、現在でも続いているので、母親との会話はどんなことでも大体こんなかんじに^^

 

みなさんも子どもさんの「助けて」にこんな風に対応してませんか?

まずは子どもの発言を受け止め、寄り添うこと。

例えば、

「咳が出るのはつらいね。どんなクスリがいい?」

って。

それだけでいい。

問題や原因の追及や素行の悪さ^^を指摘するのはその後で。

 

でも、これは私の受け取り方の問題であることも事実です。

何を聞かれても、親身になっていることだと思って、丁寧に何度も説明し、イラつかず、責められているんではないと自覚できれば。

でも、やはりできない。

「またか、うるさい、イライラする」

ってどうしてもなってしまいます。

 

あれ、こうなるのは私だけかな???

やっぱり私の問題???💦




・不登校・行きしぶり・ひきこもりのオンライン(Zoom)での相談もしています。 こちらから詳細を確認しお申し込み下さい→相談・カウンセリング  
・福岡市西区 JR九大学研都市駅から近くを拠点として、妻ちずと不登校支援(相談、カウンセリング、シェア会)を行っています。詳細はこちら
・活動内容を新聞、書籍、テレビなどで紹介いただいています。
・地域・PTAでの講演、企業・経営者向けメンタルコミュニケーション技法やセミナーのご依頼お受けいたします。
・相談、連絡は問い合わせページ、または直接お電話(090-3011-9619)でいつでもどうぞ。
友だち追加不登校支援情報LINEやってます。「友だちを追加」ボタンをクリックするか、こちら→https://line.me/R/ti/p/%40uyi7885iをクリック。
Facebookなどで直接繋がることもできます。QRコードから、またはこちらをクリック

不登校相談、カウンセリング、親の会、講演・セミナー依頼等お問い合わせ下さい。 090-3011-9619 受付時間 9:00-18:00[曜日問わず]

問い合わせフォームはこちら