不登校の親による不登校支援・相談・カウンセリング 福岡 今宿 糸島 唐津

作者別: まつぼん

【6/16(日) 唐津】不登校を考える親の集い

毎月第3日曜日に開催している唐津での不登校の親の集い。 毎回、唐津市内だけでなく、伊万里、多久、糸島など近隣地区の他、佐賀県全域からみえられています。 お子さんの、 ・学校に行かない・行きしぶる・昼夜逆転している・ゲーム、動画に没頭している・親子の関係がぎくしゃくしている・夫婦間で理解や対応が違う・学校や先生とのやりとりに疑問がある などなど、 不登校に起因する保護者さんの苦しみや悩みに寄り添って

親はどこまで頑張ればいいのか

毎度のように不登校の保護者さんから尋ねられるのは、 「毎日の欠席の連絡はしなければいけないですか?😢」 という質問です。   その気持ちの裏には、 ”毎日電話するのは私が(親御さん)しんどい” です。   連絡するのは学校の決まりですから、と担任に言われ、律儀に毎日連絡されている親御さんは多くいらっしゃいます。 しかし、連絡するために、毎朝各家庭ではどのような事が起きているか想像で

学校を楽しんでました(まつぼん編)

私が卒業した高校には同窓会の関東支部があり、そちらの総会・同窓会の幹事グループのメンバーとして東京に行きました。 ま、もっとも準備は関東組がしていましたので、こちらは当日乗り込んで実行部隊として働きました。 一昨年から唐津本部、福岡支部と幹事をやってましたので、なんだか手慣れた感じで?和気あいあいと楽しんでやることができました。   新潟にいるサッカー部の同期と、そして、30年ぶりに後輩たちにも逢

歴史好きな少年【子どもの居場所】

本日、月曜日の「不登校の子どもの居場所」。 中学生の男の子が初めて参加しました。 電車で一人でやって来てくれました。   何をするのかな?と見てましたら、最初は一人でファミコン。 集中してゲームをしているので、声を掛けるような雰囲気ではありませんでしたし、「話をするのは苦手かな・・・」と思って見てました。 そのうち、昼食時間(とはいっても本人が食べたい時がその時間)となりましたので、ゲームを止めて

自己流って?

6月6日ってドラえもんの絵描き歌みたいですね😸 そんな日に「不登校の親の集い」を開催しました。 今回は現役のスクールソーシャルワーカーさんも参加されました。 学校関係の方々がなかなか参加されない(参加したくない? 参加が恐い?)中、勇気ある行動^^だと思いました。実際には嬉しい参加でした。   さて、保護者さんとの会話の中で、 「部活をやっていても”自己流”でやるんで全然上手くなら