不登校の親による不登校支援・相談・カウンセリング 福岡 今宿 糸島 唐津

不登校・こころ

新生CAFEココのスタート

なにやらバタバタでブログを書くことができなかったのですが、4月3日(なんと結婚記念日!しかも20回目!!)より、新システムでのCAFEココがスタートしています。 「何が変わったの?」と尋ねられるといろいろ変わったので話しきれないのですが、早い話、 食べるものがないよ。自分で持ってきてね!! につきます。 時間制ですけど、これまで同様美味しいスペシャリティーコーヒーも(セルフで)飲めるし、 レンタル

CAFEココが変わる理由

2019年4月よりCAFEココが変わります。 カフェはカフェなのですが、時間制のフリードリンク制になります。 食事やスイーツの提供も辞めます。その代わりに食べもの持ち込み可にします。お弁当やおやつを持ってお越し下さい。 詳しくはこちらをご覧下さい! ↓↓↓変更する理由・気持ちを書き落としました。↓↓↓ CAFEココを変えると言って、なんで?どうして?と何度も聞かれました。 ありがたいことに、「ココ

隼も卒業しました

次男に続き、長男隼も高校を卒業しました。 県立の通信制高校に3年間通い(週に1日程度)、レポートもがんばり、単位を落とすことなく、卒業となりました。 すごくな〜い?? 学校に行ったの夫婦共々、入学式以来。他の親御さんは頻繁に送り迎えしたり、先生に相談に行ったりと、学校との接点も多いなかで、うちはまったく接点なく過ごせました。 それも本人の頑張りのおかげ、心配をかけることがなかったおかげです。 本当

懺悔

不登校の次男、中学を卒業しました。 卒業式当日の朝、「3年間よくがんばったねぇ」と声を掛けて握手しました。 本人は「ずっと学校行ってないし、何もがんばってないよ」と笑ってましたが、 この3年間、不登校生として本当に苦しく肩身の狭い思いをしていたと思います。 「本当によく辛抱したな」と、そう意味でがんばったと感じています。   他の子たちとは会いたくないということで、時間をずらして、ひとり校長室で卒

世代の違い

2019/03/02(土)に「不登校フェス」として、不登校当事者の体験談、親の集いを開催しました。   第1部の体験談では、自身が不登校の経験があり、現在は不登校のお子さんを持つ大野さん(通称みかりん)に話をしていただきました。 自身が不登校を経験されており、不登校の子の気持ち、不登校でも大丈夫という気持ちから、お子さんが学校に違和感を感じてからも、本人の意志に任せたというみかりん。現在は二人のお