不登校の親による不登校支援・相談・カウンセリング 福岡 今宿 糸島 唐津

最新記事

「フツウ」という言葉の恐ろしさ

  ちょっと気になるマンガを見つけたので購入して読んでみました。   小学1年生の時から不登校だった漫画家の棚園正一さんの自叙伝的作品。 不登校の子どもにはどうしても大人(親)としての思考や接し方になってしまいますが、この作品では棚橋少年(作品中の主人公の名前)の不安や葛藤が心の内面から表現されています。   この作品の中では棚橋少年が使う『フツウ(普通)』という言葉

不登校いっちょう追加!

2015年7月。長男が学校に行けなくなってちょうど2年になりました。   そして、長男に続き小学校6年生の次男も不登校になりました。 (不登校は正式には30日以上欠席なので、現時点では予備軍^^) なんでふたりとも7月なのよ?   ある程度想定はしていました。 兄を反面教師に学校に行く 兄を見て自分も行かない となるか、どちらかになると思っていました。 結果は後者でした。 &n

それぞれの一歩「ふくおか不登校フォーラム2015」

2015/06/21、福岡市教育委員会とNPO不登校サポートネット共催の「ふくおか不登校フォーラム2015」という、不登校に関する考え方、姿勢、将来、さまざまな情報や支援を共有するイベントが開催されました。   フォーラムでは 不登校よりそいネットの長阿彌幹生(ちょうあみみきお)氏からの「不登校の基本的理解」の基調講演では、大人の世界での”競争主義“、”学歴主義“、”拝金主義“、”利己主

知っていれば広がる選択肢

学校に行けなくなったらどうなるの? どこで勉強すればいいの? 進学はどうなるの?   不登校になると学校に行かないことだけでなく、行かないことによる不安もさらにのしかかってきます。   その不安は大方、知らないことによる不安。通常の学校(全日制)しか知らないがための不安。   学校に行かなくても「フリースクール」で学ぶことができる。そこに居場所がある。 中学校に行かな

自尊感情の低い日本人。誰が作った?

今日一日あちこちで「自尊感情」という言葉を、聞き、言い、目にすることがありました。   以下のグラフは福岡都市圏の子ども達と、世界一幸福な国といわれるデンマークの子ども達のアンケート結果です。(子どもNPOセンター福岡編集・発行『ふくおか子ども白書 2014』より抜粋)   「社会の役に立ちたい」との思いと裏腹に、なんと自尊感情の低いことか。 (アンケートは福岡都市圏ですが、全