2015年は脱サラし、CAFEココを開業するという人生の中でも大きく変化のあった年でした。

そんな中で出会った智書

単なる書ではなく、自己肯定感を高くしてくれるものでした。

 

智書の一年の締めは自分自身の今年を現す漢字。

 

糸島道場師範の山上さんには、私の今年の文字として「救」という文字を伝えました。

変化の年の中、いろんな人に助けられ事業を始めることができました。

そんな皆さんへの感謝の気持ちで「救(われた)」という文字を思いつきました。

 

しかし、山上さんからは

「それで、その救けて貰えた自分がなぜ救けて貰えたのか、それでどんな風になったのか。をもう1度感じでも言葉でも良いので考えて貰えますか?」

と。

 

そうでした。

智書は「過去がどうとかではなく、その結果どうなったのか。自分が今どうなのか。」なのです。たぶん^^

 

それでもう一度考えてみました。

ちょうど電車に乗っていたこともあり、ゆっくり考えることができました。

考えながら、出てきた気持ちをそのまま山上さんとのLINEメッセージに書いていきました。

 

その文章が以下です。

 

「私は人に相談せず何でも自分でやとうとする人間です。
苦しくても助けを呼ぶことができませんでした。

でも助けを求めると助けてくれる誰かがいることを知りました。
子供のことも店のことも。

みんなの力や支えや愛が私の原動力。私を元気に笑顔にさせてくれる原動力。

そうか、「愛」です!

私は愛されることが気恥ずかしく、愛を表現することが苦手でした。

でも愛を素直に受け取ること、愛おしい、かわいい、好きってことを素直にいうことが自分も相手も幸せにできることに気づきました。」

 

自然と「愛」という言葉がでてきました。

これまでに気づかなかった自分、今気づいた自分にLINEに入力しながら涙が出そうになりました。(電車の中で、危ない危ない^^;)

 

その文章を山上さんに送信しました。

すると。。。

 

「まずは自分です。

人を愛する前に、自分を愛する事。

これなしで上手くいく事はないんです。
智ちゃん先生から教えてもらい、一つ一つやってきて、私の今があります。
自分を愛する事、やっていきましょう(*^o^*)」

 

山上さん、智書にやられました><

愛をもらった、愛を与えていくと言いながら、

 

自分自身を愛すること。セルフラブ。

 

を忘れていました。

 

智書、山上さん、ありがとう!




・福岡市西区 JR今宿駅から歩いて1分のCAFEココを拠点として、妻ちずと不登校支援(相談、カウンセリング、シェア会)を行っています。詳細はこちら
・活動内容を新聞、書籍、テレビなどで紹介いただいています。
・地域・PTAでの講演、企業・経営者向けメンタルコミュニケーション技法やセミナーのご依頼お受けいたします。
・相談、連絡は問い合わせページ、または直接お電話(090-3011-9619)でいつでもどうぞ。

友だち追加不登校支援情報LINEやってます。
Facebookなどで直接繋がることもできます。QRコードから、またはこちらをクリック