「よかさ〜」

唐津弁で「いいよ」という言葉です。

 

義父は孫たちを本当にかわいがってくれていました。

あんなにやんちゃな孫ふたりを相手に、

孫たちが散歩に行きたいといえば、散歩に行き、

コンビニに行きたいと言えば、コンビニで散財し、

将棋を教え、自分も一緒に打ち、

孫たちの好物の焼き鳥を仕事帰りにわざわざ買って持って来てくれました。

 

親の私たちが「甘やかさんで!」と言っても、怒っても、

いつも、ニコニコして、

 

「よかさ〜、よかさ〜」

 

って。

 

どんなに子ども達を受け入れてくれていたのか、

どんなに子ども達の心の拠り所になっていたのか、

どんなに子ども達を大らかに包んでくれていたのか。

 

じいちゃんとして父親として、どんなに心が広くて、偉大で、尊敬すべき人だったのだろうと、今更ながら思うのです。

 

 

今日1月22日は義父の命日。

今晩は義父が大好きだった焼酎を心の中で酌み交わします。




・福岡市西区 JR今宿駅から歩いて1分のCAFEココを拠点として、妻ちずと不登校支援(相談、カウンセリング、シェア会)を行っています。詳細はこちら
・活動内容を新聞、書籍、テレビなどで紹介いただいています。
・地域・PTAでの講演、企業・経営者向けメンタルコミュニケーション技法やセミナーのご依頼お受けいたします。
・相談、連絡は問い合わせページ、または直接お電話(090-3011-9619)でいつでもどうぞ。

友だち追加不登校支援情報LINEやってます。
Facebookなどで直接繋がることもできます。QRコードから、またはこちらをクリック