イライラしたり、ムシャクシャしたり、怒りを覚えたり、そんなときは何かにその気持ちをぶつけたくなります。

「大声を出したい」

「アイツ殴りたい」

「あれをぶっ潰したい」

とか。

 

ぶつけ先は

 

カラオケだったり

砂浜から臨む沈む太陽だったり

サンドバッグだったり

茶碗やグラスなど家の中のものだったり

身近な誰かだったり。。。

 

安心安全なぶつけ先を持っている人は問題ないでしょう。

猫パンチくらいなら我慢できますが。。。

 

それが不登校の若者だったら??

家の中のものだったり

家族だったり

もしかすると静まりかえった夜の学校の窓ガラスだったり

するかもしれません。

 

もし、わが子がそのような言動や行動に走ったら、親御さんである貴方はどう対応しますか?

 

彼らは本当にぶつけ先が欲しいんです。

それを明らかに道徳的・社会的にも反していることだからと

「そんなことを言うもんじゃない!」

「そんな悪いことしちゃダメ! 恐ろしいことするな!」

「部屋から出るな!(二度と帰ってくるな!)」

と言ってしまいがち。

 

これだと”また”否定されたと怒りのレベルを上げてあげるようなもんです。

 

彼らの怒りの中には「自分を分かって欲しい」という気持ちが含まれています。

なので、

「そんなことを言いたいくらい頭に来たんだね」
「暴れたいくらい悔しい思いをしたんだね」

と、その子の気持ちをまず受け止めてあげてみませんか?

 

言動や行動を正すのはその後でいいんです。

「でもね、お母さんはそんなことを言う(する)○○くんのことが恐かった」

って。第一感情(相手にどうして欲しいでなく、自分がどんな気分だったか)で。

 

そうすると、その子も、自分を

  • 受け入れてくれる
  • 話を聞いてくれる
  • 自分を愛してくれている
  • 自分を許してくれている

と、親子の信頼関係が少しずつできてきます。

 

でも、焦りは禁物。

すぐに信頼関係ができるわけではありません。

どんなに悪態をついても、どんなに暴れても、少しずつ繰り返し受け入れること、

信じて待つことが、はやり、必要だと信じています。

 

#不登校 #不登校支援 #福岡市西区 #今宿 #糸島市 #メンタルヘルス #笑顔ママ #カウンセリング




・福岡市西区 JR今宿駅から歩いて1分のCAFEココを拠点として、妻ちずと不登校支援(相談、カウンセリング、シェア会)を行っています。詳細はこちら
・不登校の「子どもの居場所」は毎週月曜日、CAFEココのレンタルスペース(個室)で開催しています。
・活動内容を新聞、書籍、テレビなどで紹介いただいています。
・地域・PTAでの講演、企業・経営者向けメンタルコミュニケーション技法やセミナーのご依頼お受けいたします。
・相談、連絡は問い合わせページ、または直接お電話(090-3011-9619)でいつでもどうぞ。
友だち追加不登校支援情報LINEやってます。「友だちを追加」ボタンをクリックするか、こちら→https://line.me/R/ti/p/%40uyi7885iをクリック。
Facebookなどで直接繋がることもできます。QRコードから、またはこちらをクリック